北総開発鉄道開業日

北総開発鉄道、平成16年7月1日付で会社名は「北総鉄道」、営業線名は「北総線」 と変更されました。現在は京成高砂〜印旛日本医大駅間32.3kmを結ぶ路線で、相互乗り入れで 京急電車等も見ることができる、千葉ニュータウンの鉄道線、同時に羽田空港に直結する 通勤線です。
北総鉄道の開業は昭和54年3月9日、途中駅小室から都心方面は新京成電鉄北初富までの 7.95kmの部分開通でした。当時は北初富駅で新京成電鉄に乗り入れ松戸まで乗り入れており 現在の運行形態とは大きく異なっていました。
この北総鉄道の開業日の様子をまとめてみました。撮影日は昭和54年3月9日です。

小室駅に到着した北総線7000系

宅地造成が始まった小室駅周辺 白井−小室

新京成電鉄からの乗入れ車
当時新京成電鉄には最新車の8000系がありましたが、この車両は北総線には乗入れませんでした。 乗入れ車は「釣り掛け車」が主体でした。何とも奇妙な光景でした。 白井−小室

沿線はまだまだ広大な北総台地が残っていました 白井−小室



     【大手民鉄館】トップへ戻る