京急 400形

400形は昭和40年、主力として活躍していた3扉ロングシート釣り掛け駆動車を形式整理し誕生した車両群です。 従って、その生い立ちはさまざまですが、外観上は正面3枚窓車と2枚窓車に分けられ、それぞれ「角400」「丸400」と 呼ばれておりました。釣り掛け車ながら、加速度と高速性には定評があり、夏季海水浴特急にも使われ、昭和50年代でも 川崎−逗子海岸間の急行列車に使われておりました。100km/hでの本線高速運転で、吊皮が天井にぶつかる様は魅力満点でした。 しかし非例某車ゆえ、昭和50年代半ばに本線上から引退したのちは、空港線で余生を過ごし、昭和61年に引退しました。

角400 金沢文庫−金沢八景 昭和52年2月5日

こちらは丸400、ブタ400とも呼ばれておりました 金沢文庫−金沢八景 昭和52年2月5日

金沢文庫−金沢八景 昭和52年9月

金沢文庫−金沢八景 昭和51年5月22日

京急子安駅にて 昭和52年9月



     【大手民鉄館】トップへ戻る