京急700系

700系は京急で初めて4扉を採用した車両として昭和42年に登場しました。クモハ+サハ サハ+クモハの4両固定編成で主に普通列車として活躍しました。登場時は戸袋窓が多い 蒸し風呂電車とも比喩されました。また18m級の4扉車ゆえ、座席定員が5人では余裕 6人がけでは窮屈という中途半端なイメージがついてしまいました。 あまり良い評判のない700系、晩年は大師線に活躍の場を求めその顔となりました。 お世辞にもかっこいいとは言えませんが、長い間管理人の通勤の足となりお世話になった車両、 引退となると感慨深いものがありました。




  ◆少し前の700系

3両固定編成(2M1T)で急行として活躍していた頃です。 快速特急用としてイメージの強かった当時の600系も急行運用がありました。
             神奈川新町検車区にて 昭和52年9月

  ◆大師線での活躍

広々とした京急川崎駅、初詣時は大混雑。 700系はもう初詣客との再会はない 平成16年10月2日

京急川崎駅ホームより 平成17年11月23日

おなじみの産業道路 平成17年11月23日

  ◆さよなら700系電車

京急川崎駅進入 平成17年11月23日

川崎大師−東門前 平成17年11月23日


次へ