相鉄線 5000系・5100系・5050系

5000系は車体を床下まで覆ったボディーマウント構造の新性能車で昭和30年12月に登場しました。 かつての相鉄の標準であった「グリーンとグレーに赤白ラインの相鉄色」と直角カルダン駆動方式が初めて採用されたのは、この5000系でした。
昭和47年から車体更新が行われ、冷房装置の取り付けと日本初の自動窓を搭載したアルミ車体に生まれ変わり、5100系となりました。 昭和63年からは、足回りの主要機器や台車等を更新しVVVFインバータ制御となった、5050系に再度生まれ変わりました。 5000系・5100系・5050系は誕生から50余年、VVVF化後も20年たち、平成21年2月11日のさよなら運転をもって引退しました。
5100系・5050系は、相鉄いずみ野線部分開業(昭和51年4月8日)平成15年頃の相鉄線にも展示しております。

  ◆ ボディーマウント構造の5000系

天王町駅 昭和43年6月30日 初めてカメラを手にした頃の一コマです

星川駅 昭和44年6月2日 左に見える2000系も懐かしい


  ◆ アルミ車体の5100系
星川−天王町(天王町駅から撮影) 昭和55年10月4日


  ◆ VVVFの5050系
南万騎が原−二俣川 平成15年11月2日

いずみ野−いずみ中央(いずみ中央駅から撮影) 平成15年11月2日

いずみ中央駅 平成15年11月2日



     【大手民鉄館】トップへ戻る