さよなら新6000系(平成15年11月2日)

昭和36年に登場した20m級4扉車の6000系は昭和45年よりモデルチェンジし 新6000系と呼ばれた。新6000系は民鉄では国内最大級の車体幅2930mm、 裾絞りの形状、高運転台方式の制御車等旧6000系とは全く異なった車両である。 足回りも主電動機の出力アップ、歯車比を浅くするなど大幅な変更がなされているが、 相鉄伝統の直角カルダン駆動方式は踏襲されている。
6000系の廃車は平成4年から始まり、平成9年には新6000系の廃車が始まった。そして 平成15年8月23日のダイヤ改正で引退となった。新6000系の最終製造は昭和49年、 30年にも満たない短い活躍での引退となった。

平成15年11月2日(日)、新6000系の引退を惜しみ最後まで残ったグラフィックカー 「緑園都市号」と復活となった「旧塗装車」によるさよならイベントが行われた。イベントは 二俣川−湘南台間をノンストップ運行で「緑園都市号」は午前中2往復、「旧塗装車」は午後 3往復運転された。当日は天気に恵まれ引退を惜しむ多くのファンと利用客に見守られ最後の 晴れ姿を披露した。

   ◆ 緑園都市号

弥生台−緑園都市

ファンでいっぱいの緑園都市駅を通過する二俣川行臨時列車


   ◆ 旧塗装車

いずみ野−いずみ中央

左:二俣川を発車し相鉄本線をまたぐポイント  二俣川−南万騎が原
右:南万騎が原−二俣川


   ◆ 点描

南万騎が原駅通過する二俣川行臨時列車
電車が見えるとスーツ姿の女性もカメラを向けていた

イベント終了後星川駅で待ち受けていた別れを惜しむファン


   ◆ イベントを終えて


星川駅で最後の夜を迎える旧塗装の新6000系
引退にはまだまだ早いように思えるが・・・



     【大手民鉄館】トップへ戻る