東武鉄道 東武伊勢崎線複々線区間(平成29年)

東武伊勢崎線は、東京都台東区の浅草駅から群馬県伊勢崎市の伊勢崎駅を結ぶ東武鉄道の鉄道路線です。 この内、浅草−東武動物公園間には平成24年5月に開業した東京スカイツリーの最寄り駅である吾妻橋駅があることから、 平成24年3月17日から「東武スカイツリーライン」という愛称がつけられております(同時に、吾妻橋駅はとうきょうスカイツリー駅となりました。) 東武スカイツリーラインには、東京メトロ日比谷線と半蔵門線が乗り入れて列車本数も多いため、北千住−北越谷間は複々線となっております。 それゆえ、東武鉄道の車両はもちろん、日比谷線と半蔵門線、さらに半蔵門線を経由して運転されている東急田園都市線の車両を見ることができます。
平成29年に初めて複々線区間で撮影しました。すべて駅撮りです。かなりの枚数を撮影したと思いましたが、 東京地下鉄半蔵門線乗り入れの東武鉄道50000系(50050型)や東京メトロ半蔵門線08系、や東京メトロ日比谷線の新型車13000系は未撮影でした。

   ◆ 東武鉄道 優等列車

日光線・鬼怒川線特急 100系「スペーシア (SPACIA) 」 上:草加−谷塚 平成29年9月13日
左下:西新井−梅島 平成29年4月14日 左下:竹ノ塚−谷塚 平成29年4月14日

伊勢崎線特急 200系「りょうもう」
左上:竹ノ塚−谷塚 平成29年4月14日 左上:草加−谷塚 平成29年4月14日
下:台湾鉄路管理局との友好協定締結記念で登場した普悠瑪(ぷゆま)デザインのりょうもう号 草加−谷塚 平成29年9月13日

伊勢崎線・日光線特急 500系「リバティ」 草加−谷塚(後追い) 平成29年9月13日


   ◆ 東武鉄道 普通電車

10000系 上:西新井−梅島 平成29年4月14日
下3枚:竹ノ塚−谷塚 平成29年4月14日


   ◆ 東京メトロ日比谷線直通車両

20000系(20070型) 左:草加−谷塚 平成29年4月14日 右:谷塚駅 平成29年4月14日


20000系5扉車(20050型) 西新井駅 平成29年4月14日

20000系  谷塚駅 平成29年9月13日

平成29年に登場した70000系  谷塚駅 平成29年9月13日

東京メトロ03系 上:竹ノ塚−谷塚 平成29年9月13日
中:谷塚駅 平成29年9月13日 下:草加−谷塚(後追い) 平成29年9月13日


   ◆ 東京メトロ半蔵門線直通車両

東京メトロ8000系 草加−谷塚 平成29年9月13日

東急電鉄8500系 上:北千住−小菅 平成29年4月14日
中:竹ノ塚−谷塚 平成29年4月14日 下:梅島駅通過 平成29年4月14日

東急電鉄5000系 西新井駅 平成29年9月13日



     【大手民鉄館】トップへ戻る