新京成電鉄 旧型車が活躍していた時代(昭和54年3月)

北総開発鉄道(現在の北総鉄道北総線)が開業した昭和54年3月9日に訪問しました。この当時は、京成電鉄から譲渡された釣り掛け駆動 の100形が活躍しており、新性能車は800系とデビュー間もない8000系でした。
開業日に撮影した北総開発鉄道は、北総開発鉄道開業日に展示しております。

   ◆ 鎌ヶ谷大仏駅で撮影

京成津田沼発の鎌ヶ谷大仏駅止まりの100形 二和向台−鎌ヶ谷大仏

折り返しは京成津田沼行、右に見えるのは新京成バス鎌ヶ谷営業所(当時)です 鎌ヶ谷大仏駅

京成津田沼行が出発していきました(後追い) 二和向台−鎌ヶ谷大仏

8000系が到着です 二和向台−鎌ヶ谷大仏

鎌ヶ谷大仏駅を出発していきました(後追い) 鎌ヶ谷大仏駅


   ◆ 美咲−滝不動間で撮影








滝不動駅


   ◆ 北習志野駅で撮影

北習志野駅に停車する松戸行100形

松戸行800系 習志野−北習志野



     【大手民鉄館】トップへ戻る