相鉄線 7000系・新7000系

   ◆ 7000系

      7000系は、昭和50年から昭和60年にかけて導入された車両です。 外観はアルミ製20m級4扉車で、全車両が日立製作所にて製造されました。
      車体がアルミ製になった他は、先に登場した新6000系にほぼ準じており、相鉄伝統の直角カルダン駆動方式、ブレーキディスクを車輪の外側に装着した特徴的ディスクブレーキを採用しております。
      昭和50年に入っても、伝統的な抵抗器制御車であり、VVVF制御が標準となった平成末期には古さと老朽化が目立つようになりました。 そして、平成30年に後継となる日立製作所製の20000系の導入を機に、
      令和元年10月14日に開催された12000系との撮影会で引退しました。
      7000系と新7000系は、相鉄いずみ野線部分開業(昭和51年4月8日)平成15年頃の相鉄線にも展示しております。


横浜駅に到着 横浜−平沼橋(後追い撮影) 平成15年5月10日

新6000系さよなら運転日の一こま 星川駅 平成15年11月2日

横浜駅 下は新7000系との並び 平成29年3月10日


   ◆ 300両突破記念 走る児童画展号 昭和56年10月4日撮影

      昭和後期を代表する車両ゆえ、記念列車や広告貸切列車等、看板列車として活躍しました。

二俣川駅を発車 二俣川−鶴ヶ峰(二俣川駅から撮影)

上星川−西谷(西谷駅から撮影)

天王町駅で撮影 左:星川−天王町 右:天王町駅を(通過後追い撮影)


次へ