東武鉄道 6050系 快速浅草行

東武鉄道の6050系は2ドアセミクロスシートの電車で、伊勢崎線・日光線の快速・区間快速と一部の区間急行・普通で運用されております。6050系の ルーツは、昭和39年から昭和41年にかけて誕生した2ドアセミクロスシートの6000系で、この6000系を昭和60年に車体更新して6050系に 生まれ変わりました。
東武鉄道の快速・区間快速は、急行より停車駅が少ないセミクロスシート車でありながら、特別料金が不要であるため日光・鬼怒川方面に向かうハイカーに 人気のある列車です。しかし、平成29年4月21日(金)のダイヤ改正で新型特急リバティの登場により、浅草発着の快速・区間快速列車が廃止となります。 管理人も栃木に行く時はこの快速を利用しておりましただけに残念です。

伊勢崎線 鐘ヶ淵−堀切(下1枚は後追い) 平成29年4月14日

伊勢崎線 北千住−小菅 平成29年4月14日

伊勢崎線 小菅駅通過(後追い) 平成29年4月14日

伊勢崎線 竹ノ塚−谷塚 平成29年4月14日

伊勢崎線 谷塚駅通過(後追い) 平成29年4月14日

伊勢崎線 草加−谷塚 平成29年4月14日

伊勢崎線 谷塚駅通過(後追い) 平成29年4月14日


東武日光駅に停車中の区間快速浅草行 平成25年12月12日

日光線静和駅を通過する区間快速浅草行 平成24年6月27日

静和駅に停車した?区間快速 平成24年6月27日



     【大手民鉄館】トップへ戻る